Amazon

楽天

無料ブログはココログ

エアコンレスへの道2(アイドル プーリー撤去)

簡単なアイドル プーリーを撤去しました。
既にベルトは嵌っていないので、遊んでいるプーリーです。

エアークリーナーが邪魔になるので外してから、ボルト3本を外して終了。
外した後もそのままです。
ちなみにパワーステアリング装着車は、この位置にパワーステアリングのプーリーがあります。

Na1 Na2 Na3

スイッチノブ「NA01-61-195」自作

エアコンを撤去するとエアコンボタンは不要です。
エアコンボタンが無いスイッチノブ「NA01-61-195」は既に単品では注文出来ません。
スイッチ類とのアッセンブリ「N001-61-190」は注文できるようですが、14,256円と高価なので、既存のエアコンスイッチノブを改造しました。

分解して、プラスチック板で蓋をします。

Knob1 Knob2 Knob3

蓋の上にパテを盛り、整形して行きます。

Knob4 Knob5 Knob6

黒で塗装後、1000番のペーパーの次にコンパウンドで磨いで完成。
艶が出すぎておかしい気もしますが、取り合えず完成です。

Knob7 Knob8

オリジナルのスイッチノブはこちら。

Knob9

ビキニトップ完成

昨年夏に作ったビキニトップを完成させました。
完成させたと言っても、ほぼ出来上がっていたので、白色だった紐を黒色にして、紐の取り付け部分には当て布をして補強しただけですが。。。(^^;

Bikinitop

何度か一般道で暫定版を使っていて不安が不安が無かったので、コレで良いと思います。(^o^)

ビキニトップ暫定版

夏のシーズンが終わる前に暫定版って感じでビキニトップを完成させました。

まずはフロントガラスの湾曲に合わせて直径5mmのアルミパイプを曲げます。
次にゴムパッキン隙間にアルミパイプを挟み込むようにしてシェード生地をカット&縫い合わせます。

Bikini1 Bikini2

前が決まったら、全体の長さを現物合わせで決めてカットします。
さらに後方のベルトをDカン、専用金具で作成します。

Bikini3 Bikini4

最後にシェードに付属の紐を使って、ルームミラー、ソフトトップロック、ロールバーに固定できるように縫い付けていきます。

実作業は約6時間位で完成です。

Bikini5 Bikini6

フロントとロールバーへの固定は紐だけですが、高速道路は飛んでいく危険性があるかもしれませんが一般道を走るレベルでは問題ありませんでした。

Bikini7 Bikini8 Bikini9

涼しくなったら、一度バラして紐を黒くしたりトップのテンション調整をやり直そうかと計画中。。。

ダクト他発注

グローブボックスの奥に入っているエバポレータと交換するダクトとそれに伴うバルクヘッドに開く穴を塞ぐ蓋を注文しました。

ダクト エアー   8562-61-150A   1,706円
リベット           9926-40-531B   194円
ラバー ダストシール   0187-53-134    118円
プラグ ドレーン          0118-56-241    345円
プラグ ホール           1708-61-031    226円

Parts1 Parts2

ダクトは紙みたいにペラペラなプラスチックでした。
リベットも必要かと思いましたが、使わないかもしれません。(^^;

カラー平ベルト&平ベルト専用金具

リア側のベルトを買ってきました。
Dカンに関しては金属製が欲しかったんですが、プラ製しかありませんでした。

斜めに写っているアルミパイプは直径5mmで中空製の長さ1mです。
これでフロント側を押させる予定。

これで構想どおりに出来るかな?

Part

タカショー クールシェード モカ 1×2m

エアコンレスって事でビキニトップが気になり調べてみると、数年前まで約4万円だったProject-G製が約6万円に値上がり。
海外製品なので円高の影響でしょうか。それにしても値上がり過ぎです。

Gstring_na1

そこで色々ググっていると、ガーデニング用のシェードを使ってビキニトップにしている人を発見。
確かに雨を考えずに日差しを避けるだけでイイので軽量/コンパクトに出来そうなのでマネしてみる事にしました。

ロードスターのAピラーの横幅を測ってみると、1m幅の製品がピッタリサイズな事を確認して、タカショーのクールシェード(1×2m)を購入。
製品の写真を見るとモカって一色の様な感じがしたんですが、黒と黄土色の糸が編みこまれてました。

Coolshade1 Coolshade2

装着に関して、リアはハードトップ用のフックを利用すれば問題ないんですが、フロントはゴムパッキンの隙間を利用しようかと考えていますが、上手く行くんでしょうか?

エアコンレスへの道1(ベルト撤去)

先月の東京日和で小雨が降ってきたので、幌を閉めてエアコンを付けると熱風しか出てきませんでした。

新車購入当時からエアコンを付けるか悩みましたが、結局23年間エアコンを使ったのは暑い日か雨の日に誰かを乗せた時が殆どで、一人で乗っている時は暑かろうが雨が降ろうが殆ど使っていなかったんです。

そんな訳で壊れたエアコンは撤去する事にしました。
ディーラーで見積もりを取ってもらうと。。。

・コンプレッサ アッセンブリ 取り外し    10,757円
・エバポレータ・コイル取り外し           17,928円
・コンデンサ取り外し(配管含む)        13,446円
合計   42,131円

一番上の「コンプレッサ アッセンブリ 取り外し」だけでもエアコンとエンジンは切り離されるので動力損失がなくなります。
残りの2つは使われていない部品を取り外す作業って感じです。

エアコンを外す前に冷媒ガスを抜いてもらわないとならないので全てを任せるしかないかと思っていましたが、冷媒ガスを抜いてもらうだけで部品を外すのは自分でやる事にしました。

まずは直ぐに出来る作業から。
エアコンコンプレッサーからベルトを外しました。
パワーステアリング付きの場合は、ベルトを交換しないといけないんですが、パワーステアリングなしの場合はベルトを外すだけなんです。

作業自体も10mmの調整ネジを緩めればベルトが外れます。

Belt0 Belt1 Belt2 Belt3

[PR]

フォト

スポンサーリンク