Amazon

楽天

無料ブログはココログ

パイプ車庫、猫よけ Ver2

2016年に設置した猫対策ですが、劣化と共に隙間が多くなったのか最近ボンネットに猫の足跡が目立つようになりました。

そんな訳で猫よけを一新しました。
下は土なので横部分はネットを半分埋めて、上は天幕に固定。
後ろは天井からネットを垂らして、下は土に埋めてます。

Pipe1 Pipe3 Pipe2 Pipe4

問題の前ですが、2重ネットとしました。
自分の出入りも面倒になりますが、ネットだけを1枚作り、左右で固定。
下は棒を入れる事により浮かせられないようにしています。
2重目は前幕と一緒にして一番下まで来るようになってます。

Pipe5 Pipe6 Pipe7

現在、ロドが入院中なので入れなくなったのか判明するのはまだまだ先になりそうです。(^^;

パイプ車庫、猫よけ

2010年に設置してある程度猫対策をしていたので寄ってこなかったのですが、最近ボンネットに猫の足跡が目立つようになりました。

Cat1

そんな訳で入ってくるであろう前幕部分の隙間を限りなく無くします。
色々考えて、前幕の端部分にネットを設置しました。単純にネットを設置してしまうと自分の出入りが出来なくなるので跳ね上げ式にネットを設置です。

サイド部分を支点に細い「園芸支柱」が跳ね上がるように針金で固定しました。
その園芸支柱にネットを取り付け、上側から紐でネットが落ちないように吊るします。

Cat2 Cat3 Cat4

これで前幕に設置したネットと今回追加したネットで隙間は殆ど無くなったと思いたい所です。

【まとめ】パイプ車庫の張り替えまでの流れ

パイプ車庫(南栄工業 パイプ車庫 678M)について、設置から張り替えまでのまとめブログです。

2010/4/15 設置

設置から約12ヶ月後
2011/4/11 前幕ファスナーが風によりダメージ

設置から約21ヶ月後
2012/1/15 雨漏り、パイプに錆、マイカ線にダメージ

設置から約24ヶ月後
2012/4/1 マイカ線断線

2012/4/19 マイカ線新設

設置から約55ヶ月後
2014/11/26 テント張り替え

※日付はブログの日付で実際の作業日ではありません。

SBUの耐久年数は3.5~4年と言う事で、4年と7ヶ月使ったので大分持たせたほうだと思います。
ちなみに2012/4/19に新設したマイカ線ですが、36ヶ月経過した2015/4/10現在でもダメージは見受けられません。
パイプ車庫キットに同封されているモノと単品で購入したモノの違いでしょうか。

張り替える時にテントを2重にしているので4年以上は持つんじゃないかと期待しております。

Net1

パイプ車庫 前幕張り替え

生産終了によりメーカー在庫がなくなってしまった代わりに来た678M用前幕GRに張り替えました。

今回は前幕だけなので、天幕の前部分だけをずらして作業しました。

Pipe Pipe2 Pipe3

紐で縛って取り付けてあるだけなので、作業的には簡単です。
取り外したSBUシートとGRシートを比べてみると、結構色合いが違います。(^^;
SBUシートのチャックは日焼けで色が飛んで白っぽくなってました。

Pipe4 Pipe5

交換して不要になったSBUの前幕からアルミのハトメを外して前幕の一番下に3箇所追加しました。
そして猫避け様のネットに結びました。

Pipe6

パイプ車庫678Mの互換

パイプ車庫の交換用の幕についての覚書。
覚書と言っても生産終了品なので、意味があるのか分かりませんが。。。(^^;

私が使っているパイプ車庫は「678M」で、シートの種類は「SBU」の埋め込み式です。
シートの種類は以下の5種類があるようです。

  • MG:耐久年数1.2~1.5年
  • SBU:耐久年数3.5~4.0年(紫外線耐候)
  • OG:耐久年数4.0~4.5年
  • GR:耐久年数2.0~3.0年(ポリエチレン)
  • SB:耐久年数4.0~4.5年(塩化ビニールコーティング)

678m

間口(2.7m)、奥行(4.8m)が同じ製品が他にもあります。
・ミニバン用に背の高い「W678M」
・サイズは殆ど同じで、アングルベース式の「B778M」
・B778Mの背が高くなった「W778M」

W678m B778m W778m

そして一番の違いは上記4つのうち、前幕が巻き上げ式なのは「678M」。他はサイドオープン式なんです。
微妙な型番の違いで大きく違いますので、購入時は気をつけて。

それを踏まえて、今回到着した前幕はコレ

B778fr

「678M」用って事で買ったんですが、サイドオープン式でした。高さも2.0mあるので678Mには使えません。
購入店に問い合わせてみたら「こちらのミスですので返金します。」との事でした。
本当は本来の製品と交換って事でしたが、在庫なしでしたので仕方ありません。

そして別の店で買ったのはこちら。

Gr

678M用は合っていますが、GRが届きました。
こちらも購入店に問い合わせてみたら「製品仕様の変更となり、SBUと同等の商品がこの度お届けさせていただきましたGRとなりました。既にSBUシリーズは在庫が無く、SBUとのご交換は行なえませんでした。」との事でした。

生産終了から時間が経っていますので仕方ないけど、事後報告ってどうなのよ!?

ELPA 屋外用LEDセンサーライト 乾電池式 1wLED 1灯 ESL-101BT

パイプ車庫内にLEDランタンは設置していますが、暗い中LEDランタンに近づいてスイッチを入れないと明るくならないので、センサー式のライトを追加で設置しました。

庭で使っている太陽電池式と考えましたが、思ったより値段が高いので安価な乾電池式を選びました。

ELPA 屋外用LEDセンサーライト 乾電池式 1wLED 1灯 ESL-101BT

設置場所は考えに考えてパイプにタイラップ止めです。(^^;
足元とロードスターの鍵穴を照らすように下向きにしました。

Elpa1 Elpa2 Elpa3 Elpa4

パイプ車庫 天幕・前幕・後幕張り替え+α

購入してから大分経ちましたが、やっとパイプ車庫の天幕・前幕・後幕を張り替えました。
2010年4月から使っているので、メーカー推奨の4年は越えています。

そんな訳で一番直射日光にさらされている後幕は薄くなって光が漏れてきます。天幕からはシートが粉々になり、青い小さな破片が落ちてきています。

Pipe01 Pipe02

マイカ線で縛ってあるので、それらをひとつづつ外して約40分で撤去完了です。
車庫内のパイプ類はほんの少し錆が出ていましたが、問題ないと判断しそのまま。一番下のパイプは錆が出ているので、防塵塗料を塗っておきました。

Pipe03 Pipe04 Pipe05 Pipe06

今回は天幕・前幕・後幕を張り替えるだけではなく、ひと工夫してみました。
まずは後幕の取り付け方法。
標準では中央部分にペグを地面に打ち込みペグと後幕をマイカ線でつなぎますが、ペグが簡単に抜けてしまっていたので、後ろ側にも横のパイプを追加してそこに後幕の下側を止めました。

さらに天幕と後幕は新しい天幕・後幕の上から古い天幕・後幕を被せる2重としました。
骨組みのパイプが約2倍の重さに耐えられるか分かりませんが、新しい天幕・後幕は紫外線から避けられます。
古い後幕のハトメ部分は裂けているので、場所を移動してハトメを新設しています。

Pipe07 Pipe08 Pipe09 Pipe10

約5時間で完成はしたんですが、うち1時間は調べモノをしていました。
と言うのも既存の前幕が巻き上げ式に対して、今回届いた前幕は観音開き仕様だったのです。
これに関しては問い合わせ中なので、詳細は後日。

そんな訳で前幕は古いままですが、とりあえず完成。
これでまた4年、いやいや2重にしているのでもっともって欲しいパイプ車庫でした。
既に廃盤なので、次回は全交換になるので長持ちして欲しいんですよ。

Pipe11 Pipe12

南栄工業 パイプ車庫用 678M 天幕・前幕・後幕 SBU

2010年4月に組み立てたパイプ車庫 678Mが流石にダメージが大きくなり、雨漏れもするようになったので、張り替えようと南栄工業のHPでパイプ車庫 678Mを見てみると何故かありません。

張り替え様の天幕、前幕と後幕を単品で買い集めるより、前回購入したセット物を再度購入した方が値段も安いし、フレームやマイカ線も付いてくるので補強用に使おうと思っていましたが、セット品は既に廃盤となっていました。

セット品で考えると生地違いの678M MGかミニバン対応になったW778M MG/SVU、新製品では3056シリーズ(埋込式Uとベース式B、生地がGRとSBの4種類)がありました。
MGの生地は耐久年数が1.2~1.5年と短すぎ。GRは2~3年、SBが3.5~4年と良いんですが値段も良いです。

古い製品が廃盤になって製品が良くなっているんでしょうが値段も良くなってました。
2010年に678Mを買った時は3万弱でしたが、今は軽自動車用の2540UGRが約5.5万と言った感じです。

そんな訳で天幕・前幕・後幕をそれぞれ単品で購入しました。
次回張り替えをしようと思うときは、フレーム毎買い替えになる事が決定ですね。

Tento

雪の重さで天幕落下

2週連続での大雪でパイプ車庫にも影響が出ました。
後幕側の天幕が落ちました。

最初は天幕を抑えているアンカー部分が土から外れたんだと思っていましたが、天幕を抑えているロープが切れていました。
天幕に雪が積もっている時もそうですが、雪が落ちても両サイドから押されてずーっと力が加わっていたんでしょうね。

Snow1 Snow2

天幕の端から端までロープが入っていて、巾着を絞るように両サイドからロープを引っ張って天幕を張っていたんですが、ロープが切れてしまったので抑えが効きません。
切れていない方に余裕がありましたので、両サイドロープが出るようにして縛りなおしました。
反対側のロープも強度がなくギュと締めると切れてしまうのである程度のテンションで縛っています。
約4年間使っているので、雨風やら紫外線やらでダメージが大きいんだと思います。

Snow3 Snow4

春の嵐~2013

ココ最近の天候と言うか気象がおかしい日がありますね。

今週も春の嵐にしては、強風が吹きました。
おかげで電車も止まるし怪我人も出たようです。

各地で「春の嵐」 関東で20人以上けが

26.2メートルの最大瞬間風速を観測した成田空港では、乾いた土などが巻き上げられる「風じん」と呼ばれる現象が起き、視界が1キロ前後にまで低下しました。この影響で50便以上が到着地を羽田空港などへ変更しました。

 気象庁によりますと、東京都心で最大瞬間風速27.4メートルを観測、富山県や長崎県でも25メートルを超える強い風が吹き荒れました。

そんな強風なのでパイプ車庫も満身創痍となってきましたよ。
ハトメ部分が切れて外れてしまいました。

Carport2 Carport3

外れたハトメはアルミ製なので、一度開いて付いていた付近に穴を開けて再使用しました。

Carport4

耐久年数が3~4年との事なので交換しても良い頃なんですけどね。
そんなパイプ車庫の中を覗くと。。。。

Carport5

砂埃まみれなロードスターでありました。洗車しなきゃ!

[PR]

フォト

スポンサーリンク