Amazon

楽天

無料ブログはココログ

清里ミーティング~2016

今年もERFC主催の清里ミーティングに参加してきました。
昨年よりも早く定員になり参加出来なかった人が多かったイベントとなりました。

新倉PAに5:00出発で集合したのは、全部で5台ですがイベントに参加するのは3台で残りの2台は会場まで一緒にツーリングしたいと言う人達でした。
前日の夜から降った雨で路面は濡れていたり天気は曇り空とパッとせず、紅葉ももう一息と言った感じでした。

Kiyosato1 Kiyosato2

会場入りしても曇り空で昼過ぎには晴れてきましたが、富士山は見れませんでした。
ただ今回のゲストは豪華でした。歴代ロードスターのデザイナー勢ぞろい(までもう一歩)でした。豪華過ぎて全部の話が聞けなかったのは残念ではありますが。。。

Kiyosato3 Kiyosato4

毎回楽しみの一つでもあるじゃんけん大会ですが、今年も収穫なしでした。
今回は3人のデザイナーさん達に色紙にサインを頂いたのは良い思い出です。

Kiyosato5 Kiyosato6

解散後、有志2名でまったりとアクアリゾート清里 天女の湯へ立ち寄り入浴後、仮眠をして、佐久で給油するより清里の方が安かったので給油後に佐久へ向かい夕食を食べ、渋滞は全く無くスムーズに23:50頃の帰宅となりました。

第27回 メディア対抗ロードスター4時間耐久レース

筑波サーキットで開催された第27回 メディア対抗ロードスター4時間耐久レースへ行ってきました。

今年の目玉はグローバルMX-5CUPカーでしょうか。
世界統一基準のMX-5でレースをしようと言うレーシングカーです。2Lエンジン搭載で車両価格約800万円。NR-Aとは違ってサーキット専用です。

マツダからはモノづくり講座として、NCとNDの違いを色々なパーツを持ってきて比較していました。ボディカウルやフェンダーは単体で持ってみて重さの違いを体験したり、エンジンブロックも砂型を持ってきてカットモデルで肉厚の違いを比較したり。
NCカウルの裏は何もありませんが、NDカウルは部分的にリブが立っていて補強が考えられていました。
体験コーナーではキーホルダー磨きを体験。最後にウェットティッシュで削りカスを拭ったら錆びちゃいますよ。って乾いたウエスで拭き取り直してくれました。(^^;

4tai01 4tai02 4tai03 4tai04

サーキット本コースでは走行会やファミリー走行もありでマツダ各車種が走っていましたが、やはりNDロードスターが多かったですね。
パドック内ではアバルト124スパイダーも居ましたが、走りはしませんでした。

4tai05 4tai06 4tai09

今回、MZRacing Roadster Meetingと言う企画に応募していたのでパレードランをしたのですが、NA-NB-NC-NDの順に並んだので一番前を走る事に。
その先導にはMX-5CUPカーです。このCUPカーは今回のために助手席付です。

4tai07 4tai08

メディア対抗ロードスター4時間耐久レースのスタートを見届けて明るいうちに帰宅しました。
レース結果は、1位は「Hot-Version DVD」、2位は「J-WAVE」、3位は「ティーポ/デイトナ」だそうです。

4tai10

2016 Roadster展 ~100万台&世界一~

今年も2016 Roadster展へ行って来ました。

100万台達成や数々の受賞を祝い、RFの新情報など。入場無料。

<主な展示>
NDのホワイトボディ(車体の骨組)
World Car of the year, World Design Car of the yearのトロフィー(本物)
NDベアシャシーモデル(1/12)の3Dプリンタによる試作
99万km走行のNA(露木号)
祝!各賞受賞署名NDボンネット ←署名可
グッズチャリティ販売(ロードスター御守の発売)など

丁度先週に話を聞いていたNDのホワイトボディが展示してありました。
NAのホワイトボディより軽いとの話で、NAのホワイトボディも展示したかったそうですが叶いませんでした。

NR-AとSレザーパッケージも展示されて比較できるのは面白かったです。
毎年恒例の10周年、20周年お祝い署名車と99万キロ走行のNAも展示されてましたが、30周年記念に向けて100万キロ手前で止めると聞いていましたが、ナンバー登録を抹消しているのはちょっと寂しい気持ちです。

Rs1 Rs2 Rs3 Rs4

ワールド・カー・オブ・ザ・イヤーとワールド・デザイン・カー・オブ・ザ・イヤーのトロフィーが展示されていて手に取っていいとの事なので、普段見れない底面まで見てきましたよ!

Rs6 Rs7

2015-2016 日本カー・オブ・ザ・イヤー受賞記念 トロフィーツアー in 千葉

先月、ディーラーから電話があり、日本カー・オブ・ザ・イヤー受賞記念のイベントがあると誘われましたので行って来ました。

午前の部と午後の部が選択出来たので、渋滞を考え午前の部に行って来ました。
受付を済ませて、会場に入ると歴代の受賞トロフィーが並んでいました。

Roadster Roadster2

プレス技術グループから千葉県出身の方がプレス加工やNDロードスターのデザインについての講義があり、漠然と知っていたつもりのプレス加工ですが、かなり大変な作業なんだと言う事が分かりました。

その後、質疑応答やメインイベントの日本カー・オブ・ザ・イヤーのトロフィーを持っての記念撮影の抽選会などがありました。
イベント終了後も個別の質問や展示されていたNDロードスターのF/Rフェンダーを持ってみたり出来て、抽選会よりこちらの方が楽しかったです。

Roadster3 Roadster4

軽井沢ミーティング~2016

昨年は用事で行けず、2年ぶりの軽井沢ミーティングに行って来ました。
参加チケットを入手するのが年々過熱して、今年は当日券が無くなるという事態になりました。

今年は100万台達成記念車が展示され、その車にサインをする事ができるので息子を誘って参加しました。

朝5:00に新倉PAにSPASSOメンバーと待ち合わせして出発。
向かう場所は皆同じなので途中の高速道路PAで友人知人とご挨拶。

Karuizawa01

現地に到着後、メイン会場へ行ってみると「mazda MX-5 RF」と書かれたパネルの前にベールに包まれた車が鎮座していました。
どう見ても「mazda MX-5 RF」です。3月にニューヨークで発表があり6月にイギリスのグッドウッドフェスティバルオブスピードに出展する事が決まっているので、日本に来るとは思っていませんでした。現時点MX-5 RFはこの試作車1台しか存在しないって事です。

開会式の前に目的の100万台達成記念車にサインをしました。
さらに「2016 ワールドカーオブザイヤー」「2016 ワールドカーデザインオブザイヤー」「2015-2016 日本カー・オブ・ザ・イヤー」の受賞トロフィーが展示されてました。そして「2016 ワールドカーオブザイヤー」を実際に持っても良いって事で持ち上げてみると約4kgって事で結構重かったです。

Karuizawa02 Karuizawa03 Karuizawa04

午後にはMX-5 RFがお披露目されてトークショーが始まりましたが、あまりの人だかりでルーフの開閉は見られませんでした。
実車をじっくり見ていると、バックランプが違う事を発見。
幌車とRFは部品8つしか変更がないと聞いているのですが、これも変更部品の1つ何でしょうか?

Karuizawa05 Karuizawa06 Karuizawa07

今回初めて息子に好きなモノを好きなだけ撮影して良いとデジカメを渡して居ました。
そして一番気に入ったロードスターはノーズブラ付きのブルーリフレックスマイカのNDロードスターって事でした。

イベント終了後普段は渋滞をさけ休憩しつつ帰宅するのですが、息子と一緒なのでまっすぐに帰宅し途中の渋滞は思ったほど酷くなく19時過ぎに家に着きました。

Karuizawa08 Karuizawa09

今年の参加者は記録尽くめで事前申し込み2,162人+当日参加240人の合計2,402人。ちなみに当日参加は車に乗ってきた人は入れてもらえず、電車か事前申し込みした人の車に同乗していないと入れない異常事態でした。
NAが555台、NB324台、NC237台、ND247台で過去最高の合計1,363台(参加人数 2,402名)。NBクーペやNC-RHTの比率も気になる所です。

清里ミーティング~2015

今年もERFC主催の清里ミーティングに参加してきました。
昨年同様応募開始から締め切りまで約1週間と短い期間でしたが、今年は1番をゲットしました。
1番になったからと言っても何も無いんですが。。。(^^;

新倉PAに4:30集合で出発。
外環の入り口では問題無かったETCですが、佐久を出る時に「走行経路が無効です」とカードエラーが出てスムーズに下りられませんでした。
その後係りの方にETCカードを渡して無事清算。原因は1枚のカードを複数の車に使いまわしすると時々エラーが出るって話でした。そう言えば8月に「1日day乗りホーダイ!!TRY!1日試乗キャンペーン」で乗ったNDで高速を使ったのが響いたんでしょうかね?

Kiyosato1 Kiyosato2

佐久を下りてすぐにコンビニで休憩中にEVチャージをする軽トラックが居ました。
オーナーさんから少し話しを聞くと、継続距離100kmと言われているけど50kmしか走らないそうです。トラックなので荷物で重くなるのが影響するんでしょうね。

Kiyosato3 Kiyosato4

渋滞していた訳ではありませんが去年よりは遅れて到着。天気もよくオープンのまま駐車しても安心でした。

Kiyosato5 Kiyosato6

イベント内容はND一色。マツダからも6名のND開発陣の方が参加されてスライドショーで開発中の話をしていただけました。
毎回楽しみの一つでもあるじゃんけん大会ですが、今年も収穫なしでした。

解散後、有志3名でまったりとアクアリゾート清里 天女の湯へ立ち寄り入浴で約1時間露天に浸かり、仮眠をして、21:00前に高速に乗る手前の佐久で給油と遅めの夕食を食べ、渋滞は全く無くスムーズに0:15頃の帰宅となりました。

第26回 メディア対抗ロードスター4時間耐久レース

筑波サーキットで開催された第26回 メディア対抗ロードスター4時間耐久レースへ行ってきました。

今回は昨年発表、今年発売されたNDロードスターが4時間耐久レースに始めて導入される記念イベントです。
さらに新グレード「NR-A」の市販予定車が参考出品されて益々盛り上がっていました。

息子と2人で行ったので、まずはステージイベントの「時空戦士イバライガー・ショー」から。
前情報なしで見たので関連キャラが多くビックリしましたが、結構楽しめました。(^o^)
ステージ近くに田宮ブースがあり、NDロードスターの1/10ラジコンが発売されるとの予告もありました。
NAロードスターのラジコンボディは持っていますが、作っていないのでNDは走らせてみたいですね。

Tsukuba1 Tsukuba6 Tsukuba7

NR-AはSグレードベースでホイールがシルバー塗装になり、LSD、リアスタビ、ビルシュタイン車高調、大径ブレーキローターなどが装備されます。車重に関しては不明でした。

メインの4時間耐久レースを走るのもNR-Aベースとは思いますが、本格的なレース仕様で内張りなど走りに関係ない装備は省かれている仕様でした。

Tsukuba2 Tsukuba3 Tsukuba4

メディア対抗ロードスター4時間耐久レースのスタートを見届けて明るいうちに帰宅しました。
レース結果は、1位は「ポテンザJwaveロードスター」、2位は「ティーポデイトナロードスター」、3位は「レブスピードロードスター」だそうです。NDロードスターになって使用燃料が少なくなって、ガス欠になるチームもあったとか。

2015 Roadster展 ~ND has come!~

今年も2015 Roadster展へ行って来ました。

今年はND発売後。ND情報をいろいろ…の予定。

NDが発売され、色んなメディアで取り上げられ、さらに街中でも見かけるようになっているNDロードスターの開発中の写真が多く展示されていました。
#昨年も展示されましたシャーシ単体ですが、ココの展示の次は海外へ出かけその後廃棄されるんだそうです。

Nd1 Nd2 Nd3

シートのカットモデルが展示されていましたが、NDロードスターは3Dネットシートで、一般的なウレタンシートと構造が全く違います。
現在使っているMu-Lenのシートと同じ構造なのでやっとカタログモデルに標準採用されたのは嬉しく思います。

10周年、20周年お祝い署名車と一緒に舞浜で開催されたTHANKS DAY IN JAPANにあったタペストリーが初公開されていました。
と言うか仕舞った場所が分からなくなっていたそうですが。。。(^^;

Nd4 Nd5

シートと言えば、シートの取り付けネジがE型トルクスでした。
これに対応した工具は見たことありませんが、12角のソケットやメガネで外せるそうですね。

Nd9

清里ミーティング~2014

今年もERFC主催の清里ミーティングに参加してきました。
NDロードスター展示もあり、マツダ公式HPに紹介されていたせいか分かりませんが大人気で例年では満員御礼(100台限定)になる事はなかったのですが、今年は約1週間で募集が締め切られていました。

新倉PAに4:30集合で出発しましたが、3連休の真ん中と言う事もあり渋滞という程ではありませんが混雑して去年より少し遅れて到着。
朝方は霧雨、曇りと日が昇ってからは時折晴れ間も見えましたが、ほとんど曇りでした。

Kiyosato1 Kiyosato2

イベントは例年と変わり、屋外でNDロードスターのお披露目から始まりました。

アンベールから屋内に戻り、マツダの方々からNDのプレゼンテーションが。
まずは社内で使用した資料を清里ミーティング用に改編したものから、写真撮影禁止でNDの開発中の話まで。

その中でNAでは採用されていたシートヘッドレスト内のスピーカーがNDでも採用されているって話でした。
ただ展示車両のNDはスピーカーは内蔵されていないって事でした。
さらにボンネット、トランクは開けられないって話でしたので、シフトレバー後方の小物入れを開けてもらいましたが、意外と小さく入れるものが限られそうです。

Kiyosato3 Kiyosato4 Kiyosato5

毎回楽しみの一つでもあるじゃんけん大会ですが、今年は収穫なしでした。
さらにお弁当の当たりクジは今年はナシでした。

解散後、アクアリゾート清里 天女の湯へ立ち寄り入浴と仮眠をしていたら関越道は渋滞って事でした。
18:00頃に出発し、横川SAで遅めの夕食を食べ、幾分減った渋滞に捕まりつつ23:40頃の帰宅となりました。

Kiyosato6 Kiyosato7

LONG LIVE THE ROADSTER FAN, Yokohama 動画

LONG LIVE THE ROADSTER FAN, Yokohamaイベントを撮影した動画を全アップしました。
全5部構成となっています。

Rcoj

PART-1(冒頭編)

PART-2(山本主査編)

PART-3(中山チーフデザイナー編)

PART-4(質疑応答編)

PART-5(走行動画)

[PR]

フォト

スポンサーリンク