Amazon

楽天

無料ブログはココログ

« 軒下補修 | トップページ | 後期型タイヤ・ローテーション »

「ガンバ」が3DCGアニメで24年ぶりに復活!白組×「スパイダーマン」製作総指揮がタッグ

「ガンバ」が3DCGアニメで24年ぶりに復活!白組×「スパイダーマン」製作総指揮がタッグ

映像製作会社の白組が、児童小説の不朽の名作「冒険者たち ガンバと15ひきの仲間」を3DCGアニメーション映画として新たに製作していることが明らかになった。タイトルは、「GAMBA ガンバと仲間たち」。構想15年、製作期間10年、総製作費20億円におよぶプロジェクトで、古沢良太が初めてのアニメーション作品の脚本を執筆した今作に、最先端の映像技術に率先して取り組んできた白組のクリエイターたちが挑む。

斎藤惇夫氏が1982年に発表した「冒険者たち ガンバと15ひきの仲間」(岩波書店刊)が原作だが、1975年に放送されたテレビアニメ「ガンバの冒険」があまりにも有名だ。これまでにも84年にテレビシリーズを再編集した「冒険者たち ガンバと七匹のなかま」(出崎統監督)、91年に新たに製作された「ガンバとカワウソの冒険」(大賀俊二監督)と2本が映画化されているが、今回は3DCG映画に限定する形で斎藤氏の許諾を得て、24年ぶりにスクリーンにガンバを復活させる。

「GAMBA ガンバと仲間たち」は、10月10日から2D/3Dで全国公開。

Gamba_large

テレビアニメとはキャラクターのビジュアルが変わるそうなので、昔のガンバが戻ってくるわけではありませんが、懐かしいキャラクターの復活ですね。

« 軒下補修 | トップページ | 後期型タイヤ・ローテーション »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145716/61557593

この記事へのトラックバック一覧です: 「ガンバ」が3DCGアニメで24年ぶりに復活!白組×「スパイダーマン」製作総指揮がタッグ:

« 軒下補修 | トップページ | 後期型タイヤ・ローテーション »

[PR]

フォト

スポンサーリンク