Amazon

楽天

無料ブログはココログ

« ティンカーベルと輝く羽の秘密 | トップページ | 東京駅赤れんが駅舎 »

2012年自動車アート7人展

有楽町で行われていた「2012年自動車アート7人展」へ行って来ました。

使い込まれた画材、工具たち。でもいちばん大事なツールはクルマへのパッション。

カーデザイン、イラストレーション、切り紙、モデルフィニッシュ。さまざまな手法で自動車を表現した作品をご覧頂きながら、素晴らしき自動車を、自動車文化を語り合いましょう。

Art1 Art2

入ってすぐに稲垣利治さん作の切り絵が目を引き、中ほどには、畔蒜幸雄さん作の1/8 NISSAN GT-Rの撮影用プロトタイプが。
週刊NISSAN R35 GT-R」の完成品です。1/8と言う事もあり、迫力満点でした。

Art3

岡本三紀夫さん作の1954 FIAT 8Vはイラストとは思えません。精密に描かれ写真かと思っちゃいました。

Art4

今回一番の目当ては、時々お会いしているイノウエさんが撮影された写真集「Monochrome Auto Union Type C & D」。
本作品でメジャーデビューとの事です。(^o^)

Art5

Auto Unionの実車はどれも見た事はありませんが、写真集からは今までのレース歴を重ねて、今は余生を送っているような感じがしました。もちろんエンジンに火が入れば現役当時のようにエクゾーストノートを奏でてくれるオーラも見え隠れしています。

« ティンカーベルと輝く羽の秘密 | トップページ | 東京駅赤れんが駅舎 »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

ありがとうございます。

イノウエさん>
こちらこそ、いつも情報ありがとうございます!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2012年自動車アート7人展:

« ティンカーベルと輝く羽の秘密 | トップページ | 東京駅赤れんが駅舎 »

[PR]

フォト

スポンサーリンク