Amazon

楽天

無料ブログはココログ

« ハリー・ポッターと死の秘宝Part2 歴代アイテムストラップ | トップページ | Mazda celebrates turning 90, looks back at logos »

PTTスイッチ埋め込み

ツーリングの必需品、特定省電力トランシーバーですが、KTEL BearLizard KT-BMD01を使う事によって、PTT(Push To Talk)スイッチを別にして操作しやすくしています。

一番最初の取付場所は、センターコンソールに穴を開けてシフトレバー付近に付けていましたが、ノーマル化に伴い撤去して、今年の夏ツーでは暫定仕様で両面テープで仮止めで使っていましたが、今月のプチツーに向けて固定しました。

Ptt

パッと見分からないと思いますが、1DINコンソールの右端に銀色のレバーがあり、それがPTTスイッチです。詳細はこんな感じ。

Ptt2

PTTスイッチが目立たず、ドライビングポジションも崩さずに操作できる良い場所だと思います。happy01<自己満足

« ハリー・ポッターと死の秘宝Part2 歴代アイテムストラップ | トップページ | Mazda celebrates turning 90, looks back at logos »

クルマ~カーナビ・ハンズフリー関連」カテゴリの記事

ロードスター~メンテナンス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145716/50162091

この記事へのトラックバック一覧です: PTTスイッチ埋め込み:

« ハリー・ポッターと死の秘宝Part2 歴代アイテムストラップ | トップページ | Mazda celebrates turning 90, looks back at logos »

[PR]

フォト

スポンサーリンク